コンクールなど · 2018/08/05
この夏も猛暑の中、怒涛のようにコンクール本番が過ぎていきました。 日々の練習の中で保護者の思い、生徒さんの思いを受け止めながらも結果に反映することも無いことも当然あります。こちらの思惑とは違った結果にもなります。...
日常 · 2018/06/27
とても蒸し暑い中、京都へ! 大ファンの一人である樫本さんのコンサートへ行って参りました(^^♪ いつものメンバーは晴れ女なので雨には遭わずにラッキーでした。 コンサート内容は、ベートーベン、ブラームス、モーツアルト、R.シュトラウスの4本立てソナタ。...
ピアノを通して · 2018/06/27
オーバーホール後、3回目の調律。 今回はそれほど大きな狂いは無いけれども、ユニゾンにすると微妙な違和感。 というところからのスタート。3時間あまりかけて、一つ一つ針で刺しての細かい作業ということでした。 試弾すると、このお部屋に合った柔らかい音の返しになっておりました。...
ピアノを通して · 2018/06/23
子供の頃に弾き込まされたバッハのインヴェンションとシンフォニア。 何でもそうだと思うのですが、自分が弾かないとなかなか生徒さんに伝わらない!体や手が自然に覚えてることもたくさんありますが、人に伝えようと思うと自分が分かってるだけではなかなか難しいです。 毎日が生徒さんといっしょの修行ですね(^_^)☆...
コンクールなど · 2018/06/23
ピアノのコンクールに向けての課題は生徒さんのピアノ体力をつける上でプラスにしていけるものだと思います。 まずは、本番まで決まった期間があってそれまでに何をどうしていくか考えて取り組めます。保護者がサポートしながら自主性が芽生えていってくれそう! 結果がついてきた、そうでなかっただけで終わらせるのは本当にもったいない。...
日常 · 2018/06/13
泥付きらっきょを買って久しぶりに甘酢漬けを作ってみました。食べることももちろん楽しみなのですが、マメに泥付きらっきょを掃除して塩で水分を出して、それを熱湯に通して甘酢漬けにするという工程が何よりも楽しいのです。
ピアノを通して · 2018/06/09
学生の頃から幾度となく弾いてきたラヴェル作曲の「水の戯れ」。 ピアニストのペルルミュテール氏が言う指づかいや、表現の仕方を試みてみると、なるほど!やはり、ピアノって好き勝手に弾いては作曲者の意図からかけ離れてしまうなぁと思いました。...
ピアノを通して · 2018/05/22
ピアノが搬入されてすぐに弾いてみると、ホールか、お風呂かという響きでなんとも心地の悪い状況。ピアノの下に絨毯を敷いてみてもまだまだなんとも、。 工房でちょうど良い具合でも我が家ではてんでダメ。...
防音室 · 2018/05/14
防音室工事のため、ひと月あまりオーバーホールに出していたピアノが搬入されました。 ピアノ運送のお仕事を目の前で見たのは初めてですが、スマートにやってのけるものですね。 ピアノだけでなくステージアもかなりの重さで、女一人で片側を持ち上げるだけでも至難の業です。...
ピアノを通して · 2018/05/10
個人レッスンを始めてからもうすぐ2年が経とうとするKちゃん、1の指で出す音がかたいのですが、よ〜く聴いてね!と繰り返しチャレンジすると大人な感じのフレージングになりました。集中力がいると思うのです、ピアノって。五感を働かし音にするのですから。...

さらに表示する